金日成主席著作集
1980年~1989年


1989年07月01日 青年学生は時代の先駆者になろう
1989年06月7~9日 幹部の革命性、党性、労働者階級性、人民性を高めて党の軽工業革命方針を実行しよう
1988年10月29日 イタリアラジオ・テレビ放送会社支局長の質問にたいする回答
1988年09月08日 チュチェの革命の旗を高くかかげ、社会主義・共産主義偉業を最後までなし遂げよう
    1988年03月11日 科学・教育事業と人民保健医療事業に新たな転換をもたらすために
    1988年01月01日 新年の辞
    1987年10月21日 社会主義農村テーゼに示された技術革命の課題を立派に実現するために
    1987年06月09日 南南協力を拡大発展させよう
1987年02月05日 ソ連児童文学雑誌社主筆の質問にたいする回答
    1987年01月03日 自力更生の革命精神を強く発揮して社会主義経済建設をおし進めよう
1986年12月30日 社会主義の完全な勝利のために
    1986年11月10日 主体的な軽金属工業を発展させるために
1986年06月20日 非同盟運動の強化発展のために
1986年05月31日 朝鮮労働党建設の歴史的経験
    1985年10月22日 共産主義的施策をさらに発展させるために
    1985年10月04日 協同農民に社会保障制を実施することについて
    1984年09月19日 日本社会党代表団との談話
    1984年03月13日 幹部の革命性、党性、労働者階級性、人民性を高めるために
    1983年09月27日 新興諸国の民族文化を発展させるために
1983年09月09日 共和国政権は真の人民の政権であり、人民大衆の統一団結の旗印である
1983年6月30日、7月1日、5日 チュチェ思想を具現するための朝鮮人民のたたかいについて
    1983年03月23日 科学研究活動に新たな転換をもたらすために
1982年04月25日 チュチェの革命偉業を武力をもってしっかり保障しよう
    1982年04月15日 革命家の一生は、たたかいにはじまり、たたかいに終わらなくてはならない
    1982年04月14日 全社会のチュチェ思想化をめざす人民政権の任務
    1982年02月17日 科学技術研究活動を我が国の実情に即して進めるために
    1981年11月30日 労働者階級は全社会のチュチェ思想化をめざす闘争で中核部隊となろう
    1981年10月24日 青年はチュチェの革命偉業の頼もしい継承者になろう
    1981年10月05日 全党、全国、全人民が取り組んで海面干拓と新しい土地開墾の大自然改造事業を力強くくりひろげよう
    1981年09月07日 自主性を堅持しよう
    1981年08月26日 非同盟諸国と発展途上諸国は自力更生して農業問題を解決しよう
    1981年04月02日 テアンの事業体系を立派に貫徹して工場の管理運営を改善しよう
    1981年03月14日 日本社会党中央執行委員会委員長との談話
    1981年02月20日 品質監督業務の改善のために
    1981年01月01日 新年の辞 
    1980年12月20日 社会主義経済建設にたいする指導を改善強化するために
    1980年12月10日、12日 魚類加工に革命的転換をもたらすために
1980年11月28日 スペイン共産党機関紙『ムンド・オブレロ』主筆とスペイン無所属新聞『エルパイス』国内報道担当主筆の質問に対する回答
    1980年10月10日 朝鮮労働党第6回大会でおこなった中央委員会の活動報告
1980年08月14日 自主的な新社会建設におけるインテリの役割
1980年01月01日 新年の辞
inserted by FC2 system