金 正 恩

軍人家族芸術サークル総合公演を鑑賞し、演説
 −2014年12月9日−


 朝鮮労働党第1書記で国防委員会第1委員長、朝鮮人民軍最高司令官である敬愛する金正恩同志が、朝鮮人民軍第2回軍人家族熱誠者大会の参加者とともに朝鮮人民軍第2期第5回軍人家族芸術サークル・コンクールで入選した軍部隊の軍人家族芸術サークル総合公演を鑑賞し、歴史的な演説を行った。

 わが党と人民の最高指導者である敬愛する金正恩同志が李雪主同志とともに劇場の客席に姿をあらわした。

 すべての参加者は、朝鮮人民軍第2回軍人家族熱誠者大会を催して愛の記念写真を撮り、公演もともに鑑賞する敬愛する最高司令官を仰いで「万歳!」の歓呼の声を上げた。

 敬愛する金正恩最高司令官は、熱狂の歓呼に答礼して手を振った。

 黄炳瑞、ソ・ホンチャン、リョム・チョルソンの各氏が公演を鑑賞した。

 公演には、朝鮮人民軍第564軍部隊、第966軍部隊、第233軍部隊、第593軍部隊、第287軍部隊、第630軍部隊、第380軍部隊、第243軍部隊、第468軍部隊、第600軍部隊の軍人家族芸術サークル員が出演した。

 合唱メドレー「永遠の微笑」「愛の微笑」「人民の歓喜」で始まった公演の舞台には、詩朗読物語「白頭山一家と社会主義」、実話劇「父」、独唱と合唱「われらの元帥」、幕間劇「引き返した兵士の母」、器楽と歌「笑いの花が満開した」、詩物語「恨みのチュチョン橋」、実話と歌「元帥の祝福」、一人芝居「中隊軍官の妻」、太鼓と器楽「われらの未来は明るい」、実話「われらの心も決死擁護の航路を飛ぶ」、合唱「燃える願い」などの多彩な演目が上がった。

 出演者は、金日成主席と金正日総書記、敬愛する最高司令官への限りない思慕の念と熱烈な敬慕の念を大切に心に刻み、最高司令官が歩み続ける先軍革命指導の足跡に自分たちの心を重ねる軍人家族の高潔な思想精神世界を格調高く謳歌した。

 軍人たちに注ぐ敬愛する最高司令官の天のような恩恵が詩と歌で響き渡り、全国が皆が知る長在島のチョン・ハンミョンちゃんが舞台に上がって「父なる元帥ありがとうございます」とあいさっすると、観客の胸は熱くなった。

 出演者は、敬愛する最高司令官の指導にさらに忠実に従っていく道に社会主義祖国の富強繁栄があるという鉄の信念を心に刻み、ひたすら一心で最高司令官だけを信じて従い、信念と楽観に満ちて戦闘的に生活する軍人家族の気高い精神世界と闘争気風を力強く誇示した。

 銃を取った夫を助けて兵士の母となって献身していく軍人家族のたたかいと生活を実感を込めて描き、党政策の貫徹へと方強く鼓舞、激励した公演は、観客に深い余韻を残した。

 公演が終わると、再び「万歳!」の歓呼の声が上がった。

 敬愛する最高司令官は、出演者と観客の歓呼に温かく答礼し、公演の成果を祝った。

 敬愛する金正恩最高司令官は公演後、舞台に上がって朝鮮人民軍第2回軍人家族熱誠者大会の参加者の前で歴史的な演説を行った。

 敬愛する最高司令官は、今日、写真撮影場で、会いたくて愛する私の戦友の妻であり、母である同志の皆さんの熱狂的な歓呼を受け、わが党をかたく信じて従う同志の皆さんのきれいな心に感謝し、また同志の皆さんが備えた並々ならぬ革命の熱意、革命的楽観主義を見て接して受けた衝撃があまりにも大きく、どうしてもあいさつを伝えたくて舞台に上がったと述べた。

 敬愛する最高司令官は、あれほど剛毅で温かく、優しくて頼もしい同志の皆さんが、まさに私の愛する戦友の妻、偉大なわが民族の将来を担っていく我々の次代の母、銃を取った夫と同じ塹壕でわが革命を死守していく頼もしい革命の副射手、わが革命の永遠の炊事隊員なのだと思うと、先軍革命偉業の勝利は確定的であるとの信念をさらにかたくもったと述べた。

 敬愛する最高司令官は、我々の革命武装力は、決して、強力で現代的な攻撃手段があって強大なのではなく、このように副射手が射手の夫のそばで助けているので、人民軍がいかなる動乱のなかでもびくともせずに党と革命をしっかりと防衛していく時代と歴史に担った自分の崇高な使命と任務を果たしているということを改めて心に刻んだと述べた。

 敬愛する最高司令官は、同志の皆さんのまなざしから無言の期待の声を聞き、同志の皆さんの信頼と期待をいっときも忘れず、同志の皆さんの愛する夫と子息が握り締めている銃である我々の革命武力を最高司令官として永遠の勝利の道へとさらに立派に導いていかなければならないという決心をするようになったと述べた。

 敬愛する最高司令官は、同志の皆さんのような強靱で偉大な女性革命大軍をもっているのは、わが党と祖国の大きな誇りであると述べた。

 敬愛する最高司令官は、誰が見ようが見まいが、何も言わずに夫を助け、祖国の富強繁栄のために同志の皆さんが流している純潔な良心の玉の汗は革命の血潮のようにわが革命の脈動を増し、より豊かな将来を一日も早く迎えられるようにしていると述べた。

 敬愛する最高司令官は、雨の日も、雪の日も変心なくわが党だけをかたく信じて従い、支持する同志の皆さんに重ねて感謝のあいさつを送ると述べた。

 敬愛する最高司令官は、同志の皆さんのような愛する妻、優しい母のまなざしから祖国に対する熱烈な愛と敵に対する憎悪を育んで生きる同志の皆さんの夫、同志の皆さんの子息は、尊いそのまなざしに恥じないように生きるために、さらに勇敢に戦うであろうし、永遠に革命の赤旗をより高くなびかせていくであろうと述べた。

 敬愛する最高司令官は、愛する夫と子息が、革命に限りなく忠実であり、祖国の繁栄のための雪道を先頭に立ってさらに勇敢にかき分けていけるよう大会の参加者をはじめ、軍人家族がわが革命の炊事隊員としての本分をさらに立派に果たさなければならないと頼んだ。

 敬愛する最高司令官は、同志の皆さんが今大会で示されたわが党の思想を深く心に刻んで地元に戻り、生じた情勢と現実発展の要求に即して軍人家族の活動で新たな転換をもたらすものと確信すると力を込めて述べた。

 敬愛する最高司令官は、この世界の何物にもかえがたい私の戦友であり、同志の皆さんの夫、子息であるわが人民軍の生活をわが党の娘、わが党の妻である同志の皆さんに全的に任せると述べた。

 敬愛する最高司令官は、皆が健康でむつまじく、常に夫と子息の力になるよう願うと述べ、朝鮮人民軍第2回軍人家族熱誠者大会の参加者とすべての人民軍軍人家族に戦闘的あいさつを送ると熱く指摘した。

 敬愛する金正恩最高司令官が演説を終えると、すべての参加者は込み上げる感激を抑えられずに熱い涙で頬をぬらし、嵐のような「万歳!」を上げた。

 わが軍隊と人民の運命、未来であり、軍人家族の実の父である敬愛する最高司令官を仰いで声を詰まらせながら叫ぶ熱狂の歓呼によって、場内は溶岩のように沸き返った。

 朝鮮人民軍第2回軍人家族熱誠者大会の参加者は、強盛国家建設偉業を陣頭指揮するあれほど多忙ななかでも公演をともに鑑賞し、すべての軍人家族を温かく鼓舞、激励した敬愛する金正恩最高司令官に限りない感謝のあいさつを送り、銃を取った夫の副射手という誉れ高い栄誉を胸に深く刻んで祖国防衛と富強祖国建設に積極的に寄与する燃える決意をかためた。【朝鮮中央通信=朝鮮通信】



ページのトップ


inserted by FC2 system